見た目が与える印象について

見た目が与える印象について

人は外見じゃなく中身で判断したいとは思っていても、やっぱり見た目によって相手の印象は大きく変わってきますよね(笑)

そこで見た目が与える印象について掘り下げてみたいと思います!

最も大事なのは第一印象?!

第一印象は「で初頭効果」とも呼ばれていて、最初に抱いたこの第一印象は印象に残りやすく、後の評価にも大きく影響するといわれています!

しかも、この第一印象はわずか3〜5秒で決まるとも言われています(笑)

確かに第一印象が良い人ってその人自身に良いイメージが定着するって感じがしますよね。

人は自分が良いイメージを抱いている人と接点を持ちたがる傾向があるため、最初の5秒でも疎かにできないことが分かります。

メラビアンの法則

皆さんは「メラビアンの法則」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

メラビアンの法則とはアメリカの教授だったアルバート・メラビアンが、1971年に提唱したコミュニケーションの概念のことです。

その概念に基づくと相手に与える影響は「視覚」が55%、聴覚が38%、言語が7%となっています。

それでは、もう少しこの3つについて細かくみていきたいと思います!

視覚情報

視覚情報は、第一印象において最も多い55%という割合で、相手の態度や表情、目線や仕草といった外見から受け取る情報です。

例えば清潔感のある身だしなみや姿勢、朗らかな笑顔を目にすると内面はどうであれ良いイメージを抱きますよね(笑)

第一印象を良くしたいのであれば、まずは視覚情報に該当するものを意識すると効果的ということですね!

聴覚情報

聴覚情報は、相手が話している声の大きさやトーン、話す速さや話し方から得られる情報を指します。

「話し方」「声色」など話している内容ということではなく、その人が持っている雰囲気のようなものでしょうか。

視覚情報と合わせると割合としては90%以上になるので、話し方なども気をつけていきたいところです!

言語情報

言語情報は、言葉そのものの意味や会話の内容など、相手の話す内容や言葉そのものの意味を表します。

第一印象の要素としては7%となっているので、「意外と少ない」ということが分かりますね!

ということは、第一印象においては「どんな上手い話をするか」というよりも、「どんな風に話すか」ということが大事なのかもしれません。

とは言っても空気が読めない発言ばかりしていたら、あっという間に印象が悪くなってしまいますので気をつけましょう(笑)

TOPページを見る