今後の理想的な働き方とは?

今後の理想的な働き方とは?

昭和の家庭は「夫が働いて稼いで、妻が家事をして家を守る」というイメージがありますが、今の時代にこんなこと言ったらとんでもないことになりますよね(笑)

それぐらい時代と共に働き方が変化しているので、逆に言うと「自分の理想的な働き方」というのを考えておく必要があるかもしれません。

そこで多様化した様々な働き方についてみていきたいと思います!

働き方が多様化してきた理由は?

これは様々な理由が考えられますが、まず大きく意識が変わったのはやはり新型コロナウイルスの影響ではないでしょうか。

在宅ワークが普及するきっかけとなり、「会社に来ないなんて」って思う人もかなり減ったように感じます。

国の方針や将来への不安など、人々の気持ちや景気によっても「どう働いていくのがベストなのか」ということを考えさせられます。

そもそも会社に人生を捧げるっていう人も今の時代いないでしょうし、プライベートとのバランスも考える人が増えてきたように感じますよね。

どんな働き方がある?働き方の選択肢について

それでは働き方にはどういった選択肢が用意されているのか、もう少し具体的にみていきたいと思います!

テレワーク

これまで多くの人が通勤に時間や労力を費やしてきましたが、テレワークが推進されたことによって開放された人もいるんじゃないでしょうか。

テレワークのメリットととしては、ワークライフバランスを実現しやすいため、例えば育児や介護といった家庭の事情がある人も働きやすくなります。

会社で顔を合わせるからこそ取れるコミュニケーションもありますが、逆に「無駄話をしなくて仕事が捗る」という人もいますよね(笑)

副業・兼業

僕と同じように本業をしながら、古着バイヤーのような副業をしている人もかなり増えてきていますよね!

今では終身雇用を見直すというニュースも聞かれるようになり、1つの会社で定年まで勤め上げるという働き方は古いのかもしれません。

また、いずれは会社に頼らずに自らのスキルを武器にフリーランスとして働くというのもアリかもしれません!

アーリーリタイヤ

働き方とは少し視点が異なりますが、若いうちにお金を貯めて「働くことから卒業する」という選択肢もあります(笑)

特に海外の若者の間でこういった動きが活発になっているようで、日本でもアーリーリタイヤを目指す人が増えています。

すぐには無理だとしても、少ない労働で稼げる仕事を見つけていけば、遠い夢では無いと思います!

TOPページを見る